猫よけ超音波グッズ人気ランキング!特徴や注意点を解説

猫よけの「超音波グッズ」は、最も効果的な猫よけ対策と言えます。”センサー式”なのでオート発動する上に、最近はソーラー+充電のハイブリッド式なので面倒な電池交換も必要なし。便利さに磨きがかかっていますよね。

ところが、超音波グッズも色々な商品が登場し、どれが効果的かイマイチわかり難いのが実情です。そこで今回は、超音波グッズ限定のランキングを作成。どれが最もオススメなのか、価格や性能などあらゆる角度から分析します。

猫よけ超音波グッズ人気ランキング

第3位 イヌヤ 番人くん

番人くんは、地面に突き刺して使用するタイプの猫除けグッズです。正面左右にあるダイヤルで音波の周波数とセンサーの感度を調整できるので、実際にテストを重ねながら、ご自宅に最適な状態を探せます。

また、範囲も周囲80度+距離6m~7mと幅広く、広い範囲をカバーできる点も魅力です。

乾電池式+高価格がネックか

ただし、スパイク式なので柔らかい地面でなければ設置に適さず、また乾電池式なので電池交換が必要なところがネックでしょうか。価格も他社製品と比べて高額なので、そのあたりに注意が必要です。

GOOD BAD
範囲が広く使いやすい
周波数や感度を調整できる
電池式なので交換が必要
スパイク式は硬い地面に向かない
価格が高い

第2位 ユタカメイク ガーデンバリアミニ

ユタカメイクの「ガーデンバリア」シリーズのミニタイプ製品です。

猫をモチーフにした可愛らしいデザインとは裏腹に、その内実は非常に高性能。音波は再生の度に約18KHz~23KHzの範囲でランダム照射を行うため、長期間の忌避効果が期待できます。

更に有効範囲も90度+6mと十分なスペックを有しており、ミニタイプとしては最上級の性能と言えるでしょう。

専用三脚+防滴仕様!

この製品は防滴仕様+据え置き型の設置方式です。専用の三脚台が付いているので設置場所を選ばず、防滴仕様なのでシーズン問わず大活躍。お庭や駐車場・倉庫前など、様々な場所で活躍します。

そんなガーデンバリアミニの唯一の欠点は、乾電池式であるところ。頻繁に交換する必要はありませんが、電池切れには注意が必要です。

GOOD BAD
範囲が広く使いやすい
周波数がランダムに変更される
専用三脚、防滴仕様で活用場面が広い
価格が手頃
自治体での採用実績あり
電池式なので交換が必要

第1位 アニマルバリア

アニマルバリアは、多機能+使用感に優れた超音波グッズです。音波は全5種類のモードを搭載しており、猫や鳥など各小動物をシャットアウト!更にフラッシュライトも搭載しており、光と音のWアプローチを行います。

また、有効範囲も約110度+10mとトップクラスのカバー範囲。遠くから接近した猫も逃さずキャッチするため、アニマルバリアに脅威を感じない猫はいないと言って良いでしょう。

ソーラー+USB充電のハイブリッド型

アニマルバリアは、ソーラーパネルとUSB充電を組み合わせたハイブリッド式です。

雨天シーズンを除き、多くの場合はソーラーパネルでの給電が期待できる上に、万が一の時はUSBで充電OK。設置しっぱなしでも効果が期待できる便利さは、一度味わうともう他の超音波グッズには戻れないほど快適です。

防滴仕様なので安心設置

更にアニマルバリアは防滴仕様。完全防水ほどではありませんが、多少の湿気や湿度では問題なし。設置場所を選ばず置けるので、使いやすさでも随一です。

価格もお手頃と総合力に優れており、「迷った時はコレ!」とオススメできる商品です。

GOOD BAD
全5種類のモード、フラッシュライトも搭載
トップクラスのカバー範囲
ソーラー、USBのハイブリッド型で電池交換不要
防滴仕様なので設置箇所を選ばない
価格が手頃
実績多数
特になし

超音波グッズの選び方を再確認!

猫よけ超音波グッズの人気ランキングと、それぞれの製品の特徴をご紹介しましたが、大切なことは使用する環境や場所に適した製品を選ぶことです。

「設置したは良いけど、猫が逃げてくれない…」といった事態を避けるためにも、購入前にはきちんと以下の項目を確認しておく必要があります。

  1. 音波の種類
  2. 有効範囲
  3. 給電方式
  4. 防水性能

1. 音波の種類

音波の種類は多いほど好ましいです。

猫は意外なほど賢く、同じ波長の音波を同じ周期で発するだけでは、あっという間に慣れてしまいます。そのため、猫向けの超音波グッズには、ランダムに発信パターンを切り替えたり、フラッシュライトなどと組み合わせるなど、猫の知能の上回る機能が求められます。

こうした機能を持つ製品は、長く愛用することが可能です。

2. 有効範囲

有効範囲が広いほど、高い効果が期待できます。

有効範囲は距離と角度の2種類がありますが、特に大切なのは角度です。猫は非常に賢い動物なので、角度が狭いと回り込むことで回避してしまいます。設置の際はできるだけ角度の広い製品を選択し、境界線から自宅に向け敷地内全体をカバーできるように配慮すると、回避リスクを避けることが可能です。

なお、商品選びの際はカバーしたい範囲より広めのものを選択すること。超音波グッズは屋外に設置するため、時間と共に多少性能が落ちてしまうことがあるからです。

3. 給電方式

給電方式はご家庭の事情に合わせ、できるだけ便利なものを選びましょう。

  • 乾電池式
  • USB充電式
  • ソーラー式

オススメは「ソーラー式+USB給電」のハイブリッド型。乾電池と比べ電池交換の手間を省けるだけでなく、日照時間の長いシーズンは放置状態でOKです。

4. 防水機能

防水機能は思いのほか重要です。

日本は気候的に雨が多く、湿度もバカにできません。畑や青空駐車場に設置する場合は、結露に十分な注意が必要です。特に海外製品の中には、仕様が日本向けにローカライズされていない製品も多く、「海外では機能するが日本では壊れてしまった」というパターンも見られます。

最後に

超音波グッズは性能差が大きく、商品選びには注意が必要です。特に効果や範囲に、給電方式や防滴機能は使いやすさに大きな影響を与えるため、商品ごとの特長を把握してから選びましょう。

猫は非常に賢い動物なので、中途半端な製品ではすぐに舐められてしまいます。野良猫被害にお悩みの方は、上記の点を踏まえて、是非効果的な超音波グッズの購入をオススメします。

特にアニマルバリアは、多様な音波モードに加えてフラッシュライト機能まで搭載しており、給電方式などの使いやすさも抜群!猫対策をお考えの方に、最も推奨したいアイテムです!

猫よけグッズはこちら

【電池交換不要 ソーラー式 アニマルバリア】

USB充電可能、音波や光で動物をよせつけない、動物の糞尿被害やいたずらを軽減!
動物を傷つけずに追い払うことができ、多種多様な動物に効果があります。
ソーラー式の電池で電池交換不要!
最大100㎡の感知範囲があり防水構造で雨天も使用可能!
挿して、吊るして、簡単設置、使い方はあなた次第の広がる万能バリア

ご購入はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*