猫よけ効果があるハーブについて(タンジー・ルー・ローズマリー)

庭の草むら、大切な愛車がある駐車場、そこへ野良猫がやってきて、いたずらしている……。そんな野良猫に困らされている人は少なくありません。ですが、野良猫を追い払うには、手間と時間がかかりがちです。

市販されている猫を寄せつけない薬をまいても、1週間や2週間で効果が薄れてしまいます。かといって、手軽に用意できる、ペットボトルに水を入れた猫よけは、まったく役に立ちません。

そこで、手軽に用意できて、管理の手間もかからないのがハーブです。自然の力で猫を寄せつけないので、体にもよく、自然にも優しいです。猫よけに効果があるハーブについて、理解していきましょう。

タンジーの特徴

ハーブのなかでも育てやすく、猫よけの効果もあるとされているのがタンジーです。ヨモギギクという名前で呼ばれるとおり、菊に似た花が咲きます。洋服ダンスにいれておく、虫除けに似た匂いがします。

育てるのがそこまで難しくなく、花も咲くので、外観も意識して無視よけしたい場合におすすめです。単純な育てやすさを重視するなら、ローズマリーのような手軽に育てられるハーブを選んだ方がいいでしょう。

タンジーを育てるときは地下茎に注意

タンジーは害虫がついて病気になることもなく、勝手に育ってくれるので育てやすいハーブです。寒さにも強いので、冬場になるとダメになってしまうという心配がありません。

ただし、成長力が高すぎるあまり、地下茎がぐんぐん伸びていくので、花壇できちんと区切りを作りましょう。

タンジーの猫よけ効果は花が咲く期間にある

タンジーを庭先で育てている人の多くが、猫よけの効果を実感しています。ただし、花が咲いている時期に限定されます。タンジーの開花時期は6月から8月にかけてですが、この間は花が咲き、香りが強くなります。タンジーの花に近づくと、人間でもにおいがわかるほどなので、かなり強いにおいです。

ルーの特徴

ルーはミカン科の植物で、においが強いことでよく知られているハーブです。6月から7月にかけて咲く花を乾燥させ、染色やドライフラワーとして利用されることが多いです。

寒さに強く、育てやすいハーブです。かかりやすい病気もありません。ただし、鼻が敏感な人からは「においが強い」といわれるハーブなので、注意が必要です。

ルーは開花期間が短いので注意

ルーはあまり手がかからないハーブなので、特別な手入れは必要ありません。日当たりのいい場所で育てると、育ちやすいとされていますが、午前中しか日光に当たらない場所でもきちんと育ちます。

欠点があるとすれば、花が咲く期間が短いことです。

ルーは煮出してスプレーにしても猫よけ効果がある

ルーは6月と7月に花が咲きます。ですが、猫よけ効果については、花が咲いていなくても、十分にあるとされています。また、ルーの葉を煮出して、スプレーにすると、猫がよりつきづらくなります。

ローズマリーの特徴

ローズマリーは調味料などにも使用されるハーブです。香りが強く、肉料理と一緒に使われることが多いです。

ローズマリーの葉っぱは棒のような、独特な形をしています。近所の庭やじゃり石を敷いた駐車場などで、見かけたことがある人も多いでしょう。

ローズマリーは猫よけ効果があるハーブのなかで、とても育てやすいのでおすすめです。

とてもよく成長しますが、ミントやタンジーのように、増えすぎてしまって困るということがありません。ちょうどよい量で、管理しやすいことからも、ローズマリーはおすすめの猫よけハーブです。

ローズマリーを育てるときは余分な葉の裁断に注意

ローズマリーは水を与える必要がありません。乾燥が好きなハーブなので、風通しをきちんと管理しておけば十分に育ちます。

葉が増えてきて、風の通りがうまくいっていない場合は、余分な葉は裁断しましょう。

ローズマリーの猫よけ効果は年間を通して実感できる

ローズマリーは2月から10月にかけて花が咲くので、開花時期がとても長いです。花が咲くと香りが強くなり、猫よけ効果が増すと考えがちですが、葉っぱだけでも強い香りがします。

ローズマリーは年間を通して香りを発するので、猫よけに最適なハーブです。

育てるのが面倒なら超音波で猫を驚かすのも効果的

ここまで、猫よけに最適なハーブを紹介してきました。タンジー、ルー、ローズマリーという、猫よけ対策でよく知られる3つのハーブの特徴が理解できたでしょうか。

ところで、ハーブは自然の力を使った健康的な猫よけですが、手間がかかって嫌だと思っていませんか?

どんなに簡単とは言っても、鉢植えをする手間や、場所を確保する必要があるので、面倒であることは間違いありません。そこで、超音波で猫を驚かせる、猫よけグッズを使用することもおすすめです。設置すれば、その日から効果を発揮します。ハーブの場合は、きちんと育って効果を発揮するまで時間がかかります。

今すぐに野良猫を追い出したい人や、手間がかからない猫よけの対策をしたい人には、音波で猫を驚かせる猫よけグッズがおすすめです。

猫よけグッズはこちら

【電池交換不要 ソーラー式 アニマルバリア】

USB充電可能、音波や光で動物をよせつけない、動物の糞尿被害やいたずらを軽減!
動物を傷つけずに追い払うことができ、多種多様な動物に効果があります。
ソーラー式の電池で電池交換不要!
最大100㎡の感知範囲があり防水構造で雨天も使用可能!
挿して、吊るして、簡単設置、使い方はあなた次第の広がる万能バリア

ご購入はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*