水で猫よけ、効果はある?ペットボトルやスプリンクラーについて

「水」は猫対策の切り札。ほとんどすべての猫に対して効果のある、非常に有効な対策です。

ただし、せっかくの「水」を使った猫対策も、効果的な方法でなければ十分な効果は期待できません。

  • 大量のペットボトルに水を入れる「猫除けボトル」
  • ニオイで猫を撃退する「木酢液」
  • センサーで水を噴射する「スプリンクラー」

ひと口に「水」といっても、取りうる対策は様々です。そこで今回は、「水」を使った猫対策の有効性を解説しようと思います。

猫は水が苦手

猫はとにかく「水」が大嫌い。

猫を飼っていたり、猫と触れたことがある方はご存知かと思いますが、猫は体が濡れると一目散に逃げ去ります。もちろん、これにはちゃんとした理由が存在します。

猫は皮膚に含まれた脂が少なく、水に濡れると体毛に含まれた水分を振り落とすことができません。そのため、濡れると重量の問題から動きが鈍くなるため、これを嫌っているものと考えられています。

また、猫は皮膚自体も薄いので、冷たい水に長時間晒されると簡単に体温を奪われ、体調に悪影響を及ぼすという説もあります。

当然ですが、猫がこうした理由をしっかりと認識しているかは疑問です。しかし、世代を経て培われた遺伝情報に「水が苦手」と言う情報が刻み込まれ、本能的な部分で回避していることは十分に考えられます。

〈参考〉ネコが水を嫌がるのは毛が水を弾かずにずぶ濡れになってしまうから/動物おもしろ雑学集

猫よけペットボトルは効果ナシ!

水を使った猫対策と言えば、多くの方は「猫よけペットボトル」をイメージするかと思います。

透明のペットボトルに水をたっぷりと詰め込み、光の反射やボトルに映り込んだ猫自身の姿を見せて驚かせようという作戦です。一時はテレビで持て囃され、猫対策に悩む多くの家庭で導入されました。

しかし、現在この猫よけペットボトルの対策は「ほとんど効果がない」だけでなく「むしろ、収れん火災によるリスクがある」とされており、とても有効な手とは言えません。

確かに、警戒心の強い猫なら設置当初こそ見慣れぬボトルに注意します。ですが、猫は非常に頭が良く、次第に害意がないことを理解するでしょう。1週間もすればペットボトルは木偶となり果てるのが関の山です。

また、設置の際は収れん火災による被害も心配です。更に言えば、水を詰め込んだボトルが強い日差しを浴びると、虫眼鏡のレンズのような働きを示し、火災を引き起こす可能性があります。実際に火災が生じるリスクは低いですが、危険がゼロとは言い切れません。あまりオススメできない方法と言えるでしょう。

猫よけペットボトルのメリット 猫よけペットボトルのデメリット
なし 効果が低い
収れん火災のリスクがある

木酢液の効果は猫によって異なる

木酢液による対策は、猫よけペットボトルより現実的です。

木酢液とは、木材を乾留した時に取れる上澄み液。大部分が水分で構成されているのですが、木材の有機酸も含まれており独特のニオイを発しています。

実は、猫は水と同様にニオイにも敏感です。特に木酢液のニオイが染み込んだ部分には、マーキングや爪とぎを避ける傾向があり、これらの被害にお悩みの方には有力な選択肢と言えます。

ただし、木酢液は猫の通行を妨げるほどの威力はありません。雨や湿気にも弱く、定期的な交換も必要です。また、ニオイは人間にとっても強烈なので、猫のために人間も異臭被害に耐えなくてはなりません。

木酢液のメリット 木酢液のデメリット
マーキングや爪とぎは避けられる 雨や湿気に弱く定期的な交換が必要
自身が悪臭に悩まされる
侵入そのものは防げない

最も猫よけ効果が高い「スプリンクラー」

スプリンクラーは、あらゆる猫対策の中でも最強の威力です。

猫はとにかく体が濡れることを恐れるため、スプリンクラーには強い警戒感を抱きます。最近は猫対策用にセンサーを取り付けたものも多く、庭や畑などに設置することで非常に高い効果が期待できるはずです。

もちろん、噴射するのはただの水。猫そのものを傷つける心配もないので、動物愛護の観点からも100点満点ではないでしょうか。

スプリンクラーなので設置できる場所に制限があるのが唯一の欠点でしょうか。ただし、威力と言う観点なら、超音波グッズすら上回ります。

スプリンクラーのメリット スプリンクラーのデメリット
どんな猫にも効果が期待できる
悪臭などの被害がない
侵入そのものを防げる
猫を傷つける心配がない
場所によっては設置が難しい

最後に

スプリンクラーは、最も強力かつ安全な猫よけ対策です。敷地の外に向けたり、水濡れに弱い場所に設置することはできませんが、設置個所であれば、ほぼ確実に猫の侵入を防ぐことができます。また、水は猫そのものを傷つける心配がなく、野良猫だけでなくご近所の飼い猫でも安心です。

なお、敷地全体を守りたい場合は、スプリンクラーを設置できない場所に「超音波グッズ」を設置するなど、組み合わせ対策がオススメ。それぞれの長所と短所を補うことで、相乗効果が期待できるはずです。

猫よけグッズはこちら

【電池交換不要 ソーラー式 アニマルバリア】

USB充電可能、音波や光で動物をよせつけない、動物の糞尿被害やいたずらを軽減!
動物を傷つけずに追い払うことができ、多種多様な動物に効果があります。
ソーラー式の電池で電池交換不要!
最大100㎡の感知範囲があり防水構造で雨天も使用可能!
挿して、吊るして、簡単設置、使い方はあなた次第の広がる万能バリア

ご購入はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*