野良猫の駆除は違法になることも?正しい対策や対処法を解説

勝手に庭に野良猫が入ってくるので困っている…玄関先などに糞尿をされてどう対処して良いかわからない…と困っている人は多いようです。そんな中、飼い主がいない野良猫を傷つけたり捕獲することは、実は合法ではなく違法になる可能性があるということをご存知でしょうか?ここでは、猫よけ対策をする上で気を付けたい対処法を詳しくご紹介します。野良猫の撃退方法もいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

野良猫の駆除は違法になることも

庭や駐車場など、大切な場所に野良猫や野良犬の糞尿を何回もされるので次はなんとか対処したい!と考えても、邪魔だからといって猫を駆除するのは心が引けますよね。迷惑だからといって傷つけたり殺したりしてしまうと、法律で違法になるので注意が必要です。

 

しかし、そうは言っても野良猫をそのまま放し飼いにさせることはできませんよね。法律で違法にならないように注意しながら、合法的に対処していくことが大切になってきます。

野良猫の駆除は市役所や保健所で対応してもらえる?

では、野良猫の駆除は保健所や市役所で対応可能なのでしょうか?基本的には保健所や市役所などに相談をしても、対処・駆除してくれないことがほとんどです。一番の理由として、問題の猫が飼い猫か野良猫なのかが区別がつきにくいということ。

 

猫は犬と違って自由に動き回りやすい生き物なので、もし飼い猫であった場合駆除したり連れて帰ってしまうと問題となります。そのことを避けるため、保健所や市役所では例え捕獲して連れてきた猫であっても、保護や対応はしてくれません。

 

保健所がしてくれる対応としては、「猫撃退のためのアドバイス」や「地域に猫のトイレを設置する」・「野良猫を増やさないように地域への啓蒙活動」など即効性は比較的低い内容となります。それほど、その猫が飼い猫ではなく野良猫であるという証明は難しいのです。

正しい野良猫対策&対処法

保健所や市役所などで受け取り対応を断られる野良猫を、完全に撃退することはできませんがここでは合法な野良猫対処方法を4つご紹介します。業者がいなくてもできる方法なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

猫が嫌いな匂いで追い払う

まず1つ目に、猫が嫌いな匂いで撃退する方法がおすすめです。猫が嫌いな匂いとは、みかんやオレンジなどの柑橘シトラス系の香り・木酢液やお酢・ハーブとなります。猫は基本的に酸っぱい匂いが苦手なので、ホームセンターなどで販売されている忌避剤を使用しても良いですがミカンの皮やオレンジの皮を猫の通り道に置いておくことで猫が苦手意識を持って近づかなくなります。

 

また、柑橘類の中に含まれている「リモネン」という物質は、実は猫にとっては有害物質となります。なぜなら、リモネンは人には害はありませんが猫には体内で分解できず嘔吐したり意識が無くなるなどの症状が出ます。木酢液やお酢も猫にとっては不快な匂いになるので、少し薄めて猫の通り道や気になる箇所にスプレーしておくことをおすすめします。

木酢液や竹酢液は、ホームセンターで販売されている市販品であればそのまま使うか薄めるのが基本ですが加工して使用することもできます。例えば、竹酢液(約400ml)・唐辛子(10~15本ほど)・レモンバームの葉(20~30枚ほど)を500mlのペットボトルに入れます。そのまま置いておき、1~2日後にレモンバームと唐辛子を抜いておけば完成です。

 

また、その他の匂いとして「コーヒーの出し殻」や「タマネギやニンニク」も効果的です。コーヒーの出し殻は消臭効果も同時に持っているので、野良猫に糞尿をされた部分にかけておきましょう。タマネギやニンニクはみじん切りかスライスして置いておくと、猫を寄せ付けなくなります。

 

ハッカ系の香りも苦手なので、ハッカ系の芳香剤やハーブ・練り歯磨きなどを置いたり撒くことで効果があるとも言われています。

 

created by Rinker
アースガーデン
¥574 (2020/09/19 19:20:30時点 Amazon調べ-詳細)

水を使って撃退

次におすすめなのが、猫に水をかけて撃退させる方法です。猫は水が大の苦手とする生き物です。そのため、野良猫がやってきたら水鉄砲やホースを使って水を直接かけることでびっくりして逃げていきます。

 

しかし、ずっと監視していないといけないのは大変ですよね。そこでおすすめなのが、無人でもしっかりと猫を水で撃退できるアイテムが「スプリンクラー」です。家を空ける留守の際は、猫が庭や玄関先などに侵入すると自動で感知し水をかけてくれるので便利です。

最近では大型だけではなく、小型のコスパの良いスプリンクラーもあるので比較的簡単に設置することができるのも大きなメリット。ボディが小さくてもしっかり動物を感知する性能も抜群なので、場所を気にせず置くことができます。

物理的に侵入させない

3つ目の方法としては「モノを使って侵入させないこと」です。例えば、「通り道に植物を植えること」・「水を地面に撒くこと」・「ゴミボックスを通り道に設置すること」などとなります。野良猫が糞尿をする習慣が身に付いてしまうのは、その場所が猫にとって快適となっているからです。

 

そのため、物理的に「通り道に植物や物を置く」・「地面にあらかじめ水を撒いておく」などの対策は猫にとって不快な環境なのでおすすめです。植物では、その際に猫が苦手なレモンバームやローズマリーなどのハーブ系の植物を置いておくことで効果が2倍となります。猫の通り道はもちろん、猫が侵入しそうな不安な場所に水を撒いておくという予防策もおすすめです。

 

また、ゴミを収納しているボックスを猫が入ってきそうなエリアに置いておくだけでも効果的です。猫は臆病な性格でもあるので、自分より背の高いものや大きいものを警戒して近づかなくなるという効果もあります。

created by Rinker
JEJアステージ(JEJ Astage)
¥3,987 (2020/09/20 08:53:53時点 Amazon調べ-詳細)

猫よけグッズを活用

最後におすすめな対策としては「猫よけグッズを使う」ということ。最近は簡単に猫よけができる初心者にもピッタリな猫よけグッズがあります。タイプとしては大きく分けて3種類で「とげとげマット」・「忌避剤」・「超音波」となります。

 

まず「とげとげマット」はその名の通り、とげが付いているマットを敷いて猫の侵入を防ぐというものです。猫は肉球が敏感なので、とげがある場所を通るのを嫌がります。そのため、その場所が通りにくい場所になっていると居心地が悪いと感じて避けます。

「忌避剤」は猫の嫌いな匂いを発して撃退するというものですが、撒きすぎると人間にも不快な匂いになるので注意が必要です。忌避剤もとげとげマットと同じようにホームセンターなどで購入することができます。一つ注意することは、忌避剤は動物よけにもなりますが匂いで動物を寄せ付けない役割があるので人に完全に無害ではないということです。

 

「超音波グッズ」とは、庭や玄関などセンサーがある場所に動物が侵入して感知すると、猫や動物にしか聴こえない音を出して撃退させるグッズのことです。コストはかかりますが、雨の日でも安心な防水設計や外出していてもセンサーがしっかり感知するのでいつの間にか動物を撃退しているという大きな効果を持っています。

また、超音波グッズは動物にしか聴こえない高音だけではなくうるさい音が鳴り響くブザーもあるので、自分の生活スタイルに合ったアイテムを選ぶことをおすすめします。

違法な野良猫の駆除はやめましょう

庭などへ侵入し糞尿をしたり荒らすといった野良猫は、駆除すると違法となってしまいます。保健所や市役所へ届け出を出しても、野良猫と飼い猫の違いを見分けることは意外と難しいことがわかっています。そのため、今からできる自分に合った猫よけ対策をして対処していきましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*